理想の小学生英語通信講座
この順番でご覧下さい 大学受験のプロだからできること 最強の勉強方法 最強の教材 講座の流れ・教材費・カリキュラム 1回目教材費完全補償制度 講座開始までの流れ・お申込み・お問合せ
最強の勉強方法

「受験英語」を小学生が先取りするという発想は簡単に思いつくことです。

しかし実際、中学生の教科書を自習している人はほとんどいません。

いないと言うよりも、出来ないからです。

英語は語学です。その点で他教科と勉強方法が大いに異なります。

ついつい「どのような教材」を勉強するかということばかり気になりますが、
  実は「どのように」勉強するかということは同じぐらいとても重要です。

 

通信講座と言えば、「説明を読む→問題を解く→提出」という流れが一般的です。

しかし、
「理想の小学生英語通信講座」では、「説明を読む」「問題を解く」以上に重要なことが1つあります。
それは「音読」です。
「音読」を中心に「説明を読む」「問題を解く」が取り囲む新しい形の勉強方法です。
 
 
最強の英語学習法結論

 

なぜアメリカ人やイギリス人は英語が使えるのでしょうか?
単純な質問に答えは隠されています。


幼児は親の話す言葉を真似して言葉を習得します。幼児は母親の言葉を繰り返すことにより、その言葉を覚えて、そのうち自分が使うようになります。日本人も同じです。みんな親の真似をして言語を習得してきました。音読を何回もすることによって、知らないうちに暗記することになります。これは語学学習をするにあたってすごく重要なことです。

英語というのは他の科目とは違い語学ですから、音読が非常に有効なのです。

音読を科学的に分析するとどうでしょうか?

脳のどの部分に、どのような機能があるのかを調べる、「ブレーンイメージング研究」によると、音読は書字言語と音声言語の両方の言語システムを同時に使う行為であり、15年以上脳機能のイメージング機能の研究の中で、最も人間の脳を活性化する行為であると発表されました。これほどまでに脳のあらゆる領域を活性化する行動はないようです。

一見原始的な音読が、科学的にみても最強の学習法であることが証明されました。

次に、大学受験の点から見てみましょう。

音読をすると、「速読力」がつきます。音読をすると返り読みができません。読んだ順番、目にした順番、聞こえた順番にとにかく左から右への理解ができるようになります。近年、難関私立大学の超長文化が進んでいます。普段から音読をしていれば全く問題ありません。

音読をすると、「英作文」が出来るようになります。英作文は音読して覚えた英文をアレンジするだけなんです。これこそが語学学習の基本です。中学生レベルの教科書音読で、東大の自由英作文は解けます。難しい参考書を勉強する必要はありません。

音読をすると、「リスニング力」がつきます。「左から右へ」「上から下に」「読んだ順番に」理解する力はそのままリスニング力にもつながっていきます。リスニング問題がセンター試験に導入されますが、音読をすることで知らず知らずのうちにリスニング対策をしていることになります。

音読は東大受験のハウツー本も認める最強の勉強方法なのです。

最後に、音読が最強である決定的な理由があります。
それは、「だれでも簡単にできる」ということです。


どんなにすばらしい勉強方法でも実践できなければ意味がありません。最近「勉強方法」に関する本が多数売られていますが、このことを少し忘れているのではないでしょうか?頭の良い偉大な先生方のお書きになった本ですから無理もありません。

小学生に勉強をさせるのは本当に難しいことです。文法を教えると、難しくて英語嫌いになりますし、単語などを覚えるのも苦労します。そもそも勉強すること事体に慣れていないので、何をするにしてもすぐに飽きてしまいます。

音読は本当に革命的な勉強法です!!ただ単に音読するだけです。きちんと椅子に座って、いかにも「勉強するぞ!」っていう感じではなくていいんです。寝転がりながら、テレビのCM中、お風呂、トイレ、どこでもできますよね?

この単純さ、気軽さ、簡単さが、継続力のない小学生をやる気にさせるんです。

 

最強の英語学習法結論

 

理想の小学生英語通信講座では、「優秀な生徒」を募集しております。
そんなことを言うと驚かれるかもしれませんが、ご安心ください。
私たちにとって「優秀な生徒」とは、「音読を続けられる生徒」のことです。

ですから、入会テストや能力審査などは一切行っておりません。
それらは現在の能力を計るものさしでしかないからです。
私たちの目標は、「楽しく超有名大学合格」です。
それは現在どれだけ能力があっても、優秀な生徒(音読を続けられる生徒)でなければ達成できません。

子供が音読を続けられるかどうかは、能力ではなく学習姿勢です。
音読する気にさえなっていただければ、だれにでも続けられます。

音読をわかりやすく例えるならば、歯磨きです。
毎日当たり前の歯磨きも、最初からできるわけではありません。
まずはお母さんが歯磨きをしてあげて、次第に一人でできるようになります。
「きちんと歯磨きした?」と毎日聞いてあげます。
そして、いつの間にか歯磨きが習慣になります。

なぜそこまでして歯磨きを習慣にさせるのか?
当たり前のことですが、歯磨きをしないと虫歯になるからです。
歯磨きの重要性を理解しているからです。

結局何が言いたいのか?
つまり、まず誰よりも保護者の方が、音読の重要性を理解してほしいんです。
「音読なんて幼稚だよ・・・もっとすごい勉強方法がある!!」なんて思っていたら、
子供が音読を続けることはできません。

まずは保護者の方が音読の重要性を理解してください。それが唯一の入会条件です。
「音読の重要性」に関して、詳しく知りたい方はぜひ本屋さんに足を運んでください。
英語関連コーナーに行けば、本のタイトルをざっと見渡しただけでも、その数の多さに驚くことでしょう。

 
 
「最強の勉強方法」を簡潔にまとめました。
次の「最強の教材」に移りましょう!
 
Copyright © 2004 理想の小学生英語通信講座. All Rights Reserved.